マーケティングとブランディングについて考えてみた。

こんにちは。

今日は仕事の話を少々します。

 

NPO法人向けに提案をする機会がありました。

非特定営利活動の団体なので、価格帯が高い提案は出来ないが社会的価値が高い活動に共感するところは多く、募金や活動支援では無く、自分達の会社の収益活動を通じて彼等の活動に貢献出来ないかと思うと共に

利益があまり出ない案件に対する自社のメリットがでる仕組みに出来ないかについて考えました。

 

私が考えたのは2つ

NPOは利益が少ないので、市場を占有して数の規模で勝負する。

NPO法人が行う社会的な活動を支援しているストーリーを自社製品と紐付けてブランディングとする。

 

NPO占有プランは会社規模の事業戦略となるので、見送りし、

ブランディング方面から検討をしてみる事にしました。

 

製品種類を書くとバレるので、モワッとした形ですが

 

〇〇製品と言えば〇〇社

というようなイメージを持たせ、

そのイメージの中には高品質、高機能、高い付加価値、企業の高い理念や社会貢献性全てが含まれ、類似製品をもつ他社よりを選択してもらえる要素を持ち購買につながる物がブランドだと考えました。

 

ブランドというとロゴマークや製品名などを思い浮かべますが、製品がもたらすメリット、導入する事で広がるストーリーを考える事が重要ではないかと思うのです。

 

そしてそのストーリーが社会貢献性が高く、人々の幸せや利便性向上に役立つものであれば、下記のようなメリットを創り出すことに繋がると考えました。

 

・顧客の製品購入への動機付け 、ファン化

・従業員の会社に対する誇りが高まり、はたらくことへのモチベーション増加

・求人応募など高イメージにより応募増加

 

こちらの書籍でコトラーマーケティング戦略で3.0 4.0が生まれつつあると知りました。

 

 NPO法人に導入した事例がブランディングに貢献し、金銭以外の利益を創出するのではないかと考えてみたりしたのでした。

 

年末年始はマーケティング関連の書籍を複数読んで、もう少しマーケティングにら対する知見を深めたいなと思うのでした。

 

ちなみにインフラエンジニアなので、マーケティング担当ではないのですが。(^_^;)

マーケティングとブランディングについて考えてみた。

こんにちは。

今日は仕事の話を少々します。

 

NPO法人向けに提案をする機会がありました。

非特定営利活動の団体なので、価格帯が高い提案は出来ないが社会的価値が高い活動に共感するところは多く、募金や活動支援では無く、自分達の会社の収益活動を通じて彼等の活動に貢献出来ないかと思うと共に

利益があまり出ない案件に対する自社のメリットがでる仕組みに出来ないかについて考えました。

 

私が考えたのは2つ

NPOは利益が少ないので、市場を占有して数の規模で勝負する。

NPO法人が行う社会的な活動を支援しているストーリーを自社製品と紐付けてブランディングとする。

 

NPO占有プランは会社規模の事業戦略となるので、見送りし、

ブランディング方面から検討をしてみる事にしました。

 

製品種類を書くとバレるので、モワッとした形ですが

 

〇〇製品と言えば〇〇社

というようなイメージを持たせ、

そのイメージの中には高品質、高機能、高い付加価値、企業の高い理念や社会貢献性全てが含まれ、類似製品をもつ他社よりを選択してもらえる要素を持ち購買につながる物がブランドだと考えました。

 

ブランドというとロゴマークや製品名などを思い浮かべますが、製品がもたらすメリット、導入する事で広がるストーリーを考える事が重要ではないかと思うのです。

 

そしてそのストーリーが社会貢献性が高く、人々の幸せや利便性向上に役立つものであれば、下記のようなメリットを創り出すことに繋がると考えました。

 

・顧客の製品購入への動機付け 、ファン化

・従業員の会社に対する誇りが高まり、はたらくことへのモチベーション増加

・求人応募など高イメージにより応募増加

 

こちらの書籍でコトラーマーケティング戦略で3.0 4.0が生まれつつあると知りました。

 

 NPO法人に導入した事例がブランディングに貢献し、金銭以外の利益を創出するのではないかと考えてみたりしたのでした。

 

年末年始はマーケティング関連の書籍を複数読んで、もう少しマーケティングにら対する知見を深めたいなと思うのでした。

 

ちなみにインフラエンジニアなので、マーケティング担当ではないのですが。(^_^;)

パソコン使いこなせないとサイバー担当失格?

桜田義孝五輪相 サイバー担当でもパソコン使わず

というニュースを見て。

 

https://this.kiji.is/435274647362929761?c=0

 

役職が上がるにつれて、詳細な設定や操作、オペレーションは行わない様になるのは理解出来ます。

仕事の内容によっては、自分でパソコンを使わないでも良いでしょう。

普段パソコンを使うか使わないかは大きな問題ではありません。

 

 しかし!担当になったのであれば、少なくともアウトラインでもサイバー関連の知識を調べ、学習するプロセスは必要だと思います。

 

サイバーセキュリティでリスクとなる要因、対策にはどの様なトレンドや方法があるかの知識は保有するべきです。

そうでないと、官僚が作成したセキュリティ対策の妥当性や予算の正当性のジャッジができるはずもないと思うのです。

 閣僚の役割としてどの方法を採択するか、法案として選択するか意思決定する際も、知識無く判断は出来ないはずです。

 国家レベルのセキュリティとなると多くの資産や人命などにも影響する可能性があり、大臣で担当を任されているので、その点はきちんとしているのかと思いきや

下記のニュースを見てズッコケました。

 

肝心のサイバー分野に関し「私自身はそんなに詳しくない」と明かした。自らの職務については「答弁書を間違いのないように読むことが最大の仕事だ」と語った。

 

桜田五輪相、迷・珍答弁を連発=野党失笑、サイバー法案質疑

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018112200510&g=pol

 

こういう人間がトップになって方針を決めているから、IT戦略でも遅れを取るはずだわ。

一応この方、ブログやYoutubeのチャンネルもあるようですが、全部秘書かやっていてよくわからないが、人気が上がるならやっておけ。って感じかなのかな?

今読んでいる、尾原 蓉子さんの書籍を見て同じ高齢でも、IT業界にいたわけでも無いが、ICTやSNS、ARなど適切に理解し体系立てて説明されている。

ファッションだけならず、幅広い知識に驚くばかりです。

 

 

 

 

この違いは何だろう?

やはりインプットをきちんとするということをしないで、

正しくアウトプットを行うプロセスを経ずして下に丸投げしているから底の浅い事しか言えないんだろうな。

 

無能が露呈したのであれば選挙で落選させれば良いのですが、そうならないのが日本の不思議。

 

外国人実習生の死亡のニュースをみて思うこと

こんにちは

外国人実習生、3年で69人死亡というニュースを見て


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000000-maiall-pol


少しきになりましたので、調べてみました。


技能実習制度(ぎのうじっしゅうせいど)および外国人研修制度(がいこくじんけんしゅうせいど)とは、1993年(平成5年)に導入され、「技能実習」や「研修」の在留資格で日本に在留する外国人が報酬を伴う技能実習、或いは研修を行う制度である。(wikipediaより抜粋)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/技能実習制度


外国人実習生で良く聞く話として、労働基準法が守られていない、低賃金での労働、人権侵害などがあり、現代の奴隷制度ではないかと思うのです。

 

そもそも、研修だろうが労働には変わりはないので、最低賃金は支払われないのはおかしいし、違法では?

と思いましたが、

最低賃金の減額の特例」というものがあるのですね。

ただ行政からの許可が特例には必要ということですが、多くのケースは違法という事なのでしょうか。


目先の利益に囚われ、短期的に利益が出るよう、外国人を安くこき使う。

いつかは外国人から敬遠され、人材確保が出来なくなり、経営が立ち行かない日が遠からず来ると思います。

かつての奴隷制度やマニファクチャーが衰退したように、搾取の上に成り立つ仕組みは長期的には継続出来ない。


美しい国と言うなら、行いも正しくあるべきだと思うのでした。

 

お遊戯会で思うこと

こんにちは

 

息子のお遊戯会に参加して来ました。

色々出来る様になったなぁという感慨と共に、参加している、父親、祖父母の数に驚きましたました。

 

 自分の息子もそうですが、1人の子供に対して多くの時間、愛情、お金、労力をありったけ注いで成長しています。

 我々もこうやって大人になった訳で、親や周りのの人々に感謝です。

 傍若無人な振る舞いで他人に対する態度が悪い自分ですが、子供を育ててみて、ぞんざいに扱ってよい人間なんか居ないんだよな。

 自分の可処分時間が少なく、妻にキツく接しがちでしたが、気持ちを改めようと思います。

 すまんかった。

 

 しかしながら、時間と金が無いと心は荒む訳で…。

引き続き副業頑張ろう!

 

パソコン使いこなせないとサイバー担当失格?

桜田義孝五輪相 サイバー担当でもパソコン使わず

というニュースを見て。

 

https://this.kiji.is/435274647362929761?c=0

 

役職が上がるにつれて、詳細な設定や操作、オペレーションは行わない様になるのは理解出来ます。

仕事の内容によっては、自分でパソコンを使わないでも良いでしょう。

普段パソコンを使うか使わないかは大きな問題ではありません。

 

 しかし!担当になったのであれば、少なくともアウトラインでもサイバー関連の知識を調べ、学習するプロセスは必要だと思います。

 

サイバーセキュリティでリスクとなる要因、対策にはどの様なトレンドや方法があるかの知識は保有するべきです。

そうでないと、官僚が作成したセキュリティ対策の妥当性や予算の正当性のジャッジができるはずもないと思うのです。

 閣僚の役割としてどの方法を採択するか、法案として選択するか意思決定する際も、知識無く判断は出来ないはずです。

 国家レベルのセキュリティとなると多くの資産や人命などにも影響する可能性があり、大臣で担当を任されているので、その点はきちんとしているのかと思いきや

下記のニュースを見てズッコケました。

 

肝心のサイバー分野に関し「私自身はそんなに詳しくない」と明かした。自らの職務については「答弁書を間違いのないように読むことが最大の仕事だ」と語った。

 

桜田五輪相、迷・珍答弁を連発=野党失笑、サイバー法案質疑

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018112200510&g=pol

 

こういう人間がトップになって方針を決めているから、IT戦略でも遅れを取るはずだわ。

一応この方、ブログやYoutubeのチャンネルもあるようですが、全部秘書かやっていてよくわからないが、人気が上がるならやっておけ。って感じかなのかな?

今読んでいる、尾原 蓉子さんの書籍を見て同じ高齢でも、IT業界にいたわけでも無いが、ICTやSNS、ARなど適切に理解し体系立てて説明されている。

ファッションだけならず、幅広い知識に驚くばかりです。

 

 

 

 

この違いは何だろう?

やはりインプットをきちんとするということをしないで、

正しくアウトプットを行うプロセスを経ずして下に丸投げしているから底の浅い事しか言えないんだろうな。

 

無能が露呈したのであれば選挙で落選させれば良いのですが、そうならないのが日本の不思議。

 

転職活動失敗

こんばんは

 

 最近は本格的に活動はしていなかったけど、登録している転職サイトのエージェントから紹介された起業が大手で先進的な企業だったので、本気でその企業に行きたいなと思い応募しました。

 応募した企業の業界知識に関する本を5千円相当の買い、その業界に転職して自分がやっていきたい事、今まで自分がやって来たことがどのように活かせるのか。どのように話せば自分の情熱が伝わるのか。

 いい企業があれば、受けて受かればOKのような考えで応募していた最近の自分にしては、珍しく本気になって申し込みをしたのですが、面接にも行けず書類選考で落選。

 

 さすがにヘコみました.....。

自分で面接をする立場なので、客観的に自分の年齢でIT職で大手に行くには突出した技術力があるか、それなりの運用や構築、設計など経験か管理技術などが必要とわかっては居ましたが、それでも話を聞いてもらうまで至れない。というのはショックでした。

 

 本当にITスキルがあり、自信があるのであればフリーランスという選択もあると思いますが、その自信もなく、ココナラの様な個人で技術を出品するサービス内容を見てもレベルが低いなと思うのでした。

 最近子育てなどで自分の時間がなく、学習に割ける時間も少ないこともありますが、ITの知識や技術を貪欲に吸収して身につけて行こうという気持ちが減りつつあり、このままIT業界に身を置いて居ていいのかなと思うこともしばしばあります。

 

 今いる会社でクビになることはなさそうですが、会社が傾いた時や潰れたとき困窮することが明確になったので、やはり会社や他人に頼らず、自分だけで稼げるものを見つけて経済的に自立できるようになる必要があると思いました。